日本プロゴルフ協会公認・吉田ゴルフスクール|愛知県春日井市・小牧市

日本プロゴルフ協会ライセンスを取得したスペシャリストが質の高いゴルフ指導を行います

Grn

HOMEブログページ ≫ ブログ ≫

ブログページ

ゴルフのジレンマシリーズ:「ゆっくりテークバックすると飛ばなくなる?!」part3

IMG_9245
 なぜ、スイングの調子が悪くなったときに」テークバックをゆっくり」にすると飛距離が落ちてしまうのでしょうか?

 その理由として、ある程度テンポよく、パッパとスイングをしないと、スイングの連動性が失われるからです。

 レッスンをしているときに、飛距離が出なくなってしまったら、向き合って、スイング素振りをお互いにするようにします。飛距離が出ないときは、スイングの素振りが弱くなってしまうので、ビュッ!!と音がしなくなっています。ビュッ!と音がする素振りを見せて、真似をしてもらうレッスンをすると、ゆっくりテークバックしていては速く素振りはできません。慌ただしく感じても、パッパと振らないとヘッドスピードは元に戻らないのです。

 スイングの調子が悪くなったときに、とりあえずテークバックを丁寧にしないと!と直ぐに考えてしまう人は、素振りが速く振れなくなっては意味がないということを理解してから、テークバックのチェックをするようにしてください。

 一流選手のスイングを真似すると、慌ただしい程にスイングのテンポが早い理由は、スイングの連動性が失われないようにするためです。

  時には、スイングの仕組みを理解するためにはゆっくり、スイングチェックをするときもあります。ですが、速く振れなくなるまで、ゆっくりチェックすることばかりしていると、スイングの躍動感が失くなり、スイングの連動性が無くなるのです。

 ゴルフスイングを深く理解していくときに、時にはゆっくり丁寧に、時には激しく躍動感を意識して!とバランスよく練習していかないと、スイングを完成させることはありえないことでしょう。

 タイガーウッズ選手も、渋野日向子選手も、スイングのコーチをつけているのは、バランスよく練習するためなのです。海外の選手が、長く第一線で選手を続けられる理由が、スランプにならないようなバランスのよい練習をしているからともいえます。

 日本では、プロコーチが少ないので、スランプになると、自分で調子を戻せずに、そのまま、プロトーナメントをドロップアウトしてしまうため選手寿命が海外の選手と比べると短いのです。日本の女子トーナメントプロの平均年齢が25歳というのは、あまりにも若すぎます。プロゴルファーも、上手に練習することが難しいことを物語るデータともいえますが、コーチとしての私の意見としては、スランプになったあとに的確な練習ドリルをすれば、長く選手として存在できると思います。

  スイングの調子が悪くなったときに、「早打ちになった」「丁寧にテークバックしないと」と直ぐに考えてしまう人は、スイングというものは連動性が無くなるとダメになるということを、理解していない可能があります。時には、荒々しく振らなくてはスイングは弱くなってしまうことでしょう。

 皆さん、上手に練習メニューを決められるように、日々の練習を頑張ってくださいね。





 
2020年01月09日 17:03

2020年 ご挨拶

221306
2020年  あけましておめでとうございます


  年が明けてゆっくりされている方、忙しくされている方。年始めの抱負はそれぞれ違うのかと思います。

 ふと、「抱負」と「目標」の言葉の意味の違いは?と気になって新年そうそう調べてしまいました。調べていると「夢」というキーワードも気になって、、、調べていると、大切なことがみえてきました。

あなたにとっての人生の「夢」はなんですか?

 「抱負」はなんですか?

 「目標」はなんですか、、?

と、なんか、学生のときに学校の先生が言ってたような気がすることを、今の自分が考えていることに、年を取ったな、、としみじみと感じさせられます。いつも私の頭の中ではこんなことを考えているわけです。

 例えば、私の「夢」は、誰もが分かりやすい美しい理論で、ゴルフスイングをまとめあげること。

 私の「抱負」は、プロ意識を持って、1年間、謙虚な気持ちと、感謝の気持ちを忘れずに、体調管理を徹底して、レッスンを受けていただいてる1人1人と向き合あえるようにすること。

 私の「目標」は、責任感を持ちながら、レッスンを受けていただいている、その人の「目標」を、別け隔てなく達成させること。


、、、です。


「夢」、「抱負」、「目標」というのは、言い換えると、長期的な目標、理想の目標、達成しなくてはいけない目標のこと、とそれぞれ言い換えることができますね。

 私は、普段、センスがあるかどうか?ということはできるだけ言わないようにしています。センスがあるとか言っている暇があるなら、具体的な実のあることをこなしさえすれば、センスなんていうものは養えるからです。


、、、ですが、この「夢」と「抱負」と「目標」が曖昧であったり、考えていなかったりすると、全力でレッスンしようにも、どこに全力になればいいのか戸惑ってしまいます。自分にとって、自分にあったことを決めることはセンスが必要です。

 結果がでない、成長しない、下手になると思ってしまう人がいるとしたら、この「夢」と「抱負」と「目標」がごっちゃになっている可能が大です。

 皆さんも、皆さんなりの「夢」と「抱負」と「目標」を考えてみることをおすすめします。

  特に、自分にとって、高すぎることなく、低すぎることのない「目標」を決めることができたなら、とても有意義な1年を過ごせることでしょう。その人にとって達成できるような目標というのは、他人には決められきれないことです。

 「夢」を語りながら、「抱負」を1年間心がけ、「目標」を具体的に達成する。





本年も一生懸命レッスンをさせていただきます。
本年もよろしくお願いいたします。

日本プロゴルフ協会所属  吉田誠吾

 
 
2020年01月02日 06:26

ゴルフのジレンマシリーズ:「ゆっくりテークバックすると飛ばなくなる?!part2」

5ebc164858c07b0506f6d840fca53cab07c9726e_large
 私も学生のゴルフ部だったころ、全力で練習して、もっとベストスコアを出したくて、飛距離も大きく飛ばしたい、、と、一生懸命になればなるほど、すぐにスランプになるという負のスパイラルに陥ってしまうことが多々ありました。およそ20年も前のことの話です。
  
 今では、はいこれをして、次はこれをして、その次はこれ、と順番を踏んで直ぐに治せるようななったのですが、何度も何度もスランプを克服してきたからこそ、順番を踏めるようになったわけです。
 その頃の時に沢山のゴルフスイング理論の中のジレンマを感じてきたのですが、当時、意味が分からなかったことが分かるようになったとき、こうやって説明してくれれば分かりやすかのに、と思ったことが今のレッスンに役立っていることは間違いありません。

 その時のジレンマのなかの1つに、ゆっくりスイングを作りたい。でも、飛ばなくなる。が、禅問答かのように悩ませるテーマだったのです。

 スランプになると、スイングがバラバラになったような気がきて、「ゆっくりテークバックする」ということを心がけなければと思うことがあるのですが、この、「ゆっくりテークバックする」ことが飛距離を落としてしまう原因にもなるのです。スイングを治すと、飛ばなくなる。これこそ、理論のジレンマです。

 でも、やっぱり、皆さんが独りで練習していてスイングが分からなくなるとテークからから!治すんだ!と丁寧にゆっくりから、スイングを治そうとしてしまいそうですよね。


  でも、ヘッドスピードが落ちてしまう、、。


 一体どうすればいいのでしょうか?



ーーつづくーー

 

 
2019年12月25日 08:31

上達するために必要な「我慢」

329d5d54d56ea2f642dcfc1f509e160d980a18dc_xlarge
 ゴルフのスイングというのは、たくさんの要素で成り立っています。アドレス、テークバック、トップオブスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュ、
どれもスイングの一部です。

 何から、どう練習していくのか、、、本当にゴルフのスイングの練習というのは、人それぞれです。そういうなかで、たくさんの工程を踏んでだんだん、立体的にスイングは作り上げられていく訳ですが、練習の順番は人それぞれであるとともに、バランスのよいプログラムで練習していかないと、それぞれ練習してきたいくつものスイングの部品が繋がらなくて、スイングづくりが頓挫してしまうのです。


 私がレッスンをするうえで、本当に難しいのが、その人にあった練習プログラムを、その人にあったように組み上げていく際の一番初めを、どこから作り始めるのか?なのです。

 これが本当に難しい、、、


 何故ならば、いくつかの練習ドリルをして、その練習したドリルが連動性をもち始めて、そこでようやく成長するからです。

 どれだけ、いいスコアでまわっていても、どれだけ練習してきたとしても、たくさんの要素で成り立っているスイングを、1つの箇所を治したとしても、治した所と連動している所を複数調整しないと良くなることはありません。

 プロゴルファーでもコーチをつけるのは、この複雑な連動性を深く理解したコーチでないと、スイングを壊してしまうからです。


 ですが、練習していくと、自分なりにスイングを研究して、気になった所を治そうとしてしまうことは、上達するために練習していくわけですから、当たり前なことのように考えてしまいます。ですが、それが当たり前であってはいけないのです。


 御参考のために、私が自分のプライベートな練習をしているときに、何を気をつけているのか?お話しします。

 コーチとしてたくさんの人に、別々のレッスンを平行してレッスンしているのですが、もちろん自分のスイングは自分にあったドリルを練習します。私も練習していると、たくさんの自分のスイングのことを気づいていくわけですが、気づいたことを、そのまま治すことはしません。なぜなら、治す順番があるからです。そこで、私がなにをするのか?というと、気づいたことをメモして、メモしたら、今している課題のドリルに戻るようにします。

 練習しているとたくさんのことに気がつくので、メモしたことは、何十、何百という数にになってくわけですが、、、そのメモしたことを、どのような順番で治していけば連動性が損なわれず、スランプにならないのか?を検討してから、先の練習に生かしていくのです。

 その順番を決めるということは、パズルのように複雑です。別の言い方をすると、将棋で何手先まで読んでいくように、こうなったら、ここがこうなって、こう影響する、と思考を組み立てていくことに似ています。1つ手を間違えると、「詰み」になってしまうのです。

  テークバックを調整すれば、ダウンスイングにどう影響して、インパクトの感覚も変わって、振り抜いていくフォロースルーにも影響する。調整が成功した証は、「打感が良くなる。球筋が思ったように変化する。安心感がある。」ことです。連動性を理解していないと、ふと思いついたことが、スイングをバラバラにしていくというデメリットがあることを知ったなかで、練習しなくては、上達はしません。


  ほとんどの人がスイングづくりで、頓挫していまうのは、治していく順番を間違えてしまったときに、元にもどらずに、壊れたままスイングを作ってしまうからなのです。「詰み」になったら最初からやり直す勇気がもてなくては、スイングは完成しません。


 頑固にここにこだわっていくんだ!!という人は、スイングづくりというのは、何十、何百という工程を踏むということを覚悟してください。悩むのも、楽しいという人は、立体難解パズルのスイングに挑戦するということと同じなので、そういう目的だという人はとことん悩んでみるのも自由です。


 テークバックを修正するときに、体幹の回転が同調してるのか?ヘッドスピードが遅くなってしまわないか?球筋がどのように影響していくのか?そして、コースで打ちやすくなることに繋がっているのか?というふうに考えなくてはいけません。


 一流のプロゴルファーでさえ、自分で気がついたことを自分で治していくことをしないで、コーチにスイング修正をまかせるということは、スイングが複雑であるということを物語っています。

 練習中になにかに気がついてしまったら、、気づいたことを、すぐに治すことは慎重になるべきなのです。


 スイングづくりには、「謙虚な気持ち」をもって、時には「我慢」することも必要です。



  
2019年11月29日 12:07

ゴルフの上達が止まってしまったら?どうするべきなのか?!

20191127_155608

ゴルフの楽しみ方は人それぞれです。

 レッスンにお越しいただく時の理由には、

#全く初めてで、どのように練習していけばいいのか分からない。

#運動には自信があってある程度楽しめるようになったが、色々自己流でやってきたために、結局なにが大切なのか見失ってしまった。

#かなりゴルフをやり込んできて、ある程度楽しんでいたが病気や怪我を経験した後に、筋力が落ちてしまったり、怪我した関節や筋肉が動かなくなって、昔のスイングができなくなってしまった。

#競技ゴルフを全身全霊で取り組んできたが、結果が出なくなったり、伸びしろが自分で感じられなくなったので、自分にあった足りないものを、見抜いて欲しい。      等です。

 
 初心者や、自己流だけでやってきた人には、やはり基礎の大切さや、練習をしていくうえでのルールをレッスンしなくては、すぐにスランプになってしまったり、楽しむためのモチベーションを保つことはできません。ゴルフにかぎらず、ものごとを楽しみ続けることは、どんなことでも難しいですよね。何事も最初が肝心です。



  それとは別に、ある程度上達していくと、どこまで上手く成れるのか?何が足りないのか?何を間違えて覚えてしまったのか?自分のことなのに、自分を見失って迷子になってしまうのです。


 私はコーチとして、迷子になってしまったゴルファーを初めてレッスンし始める時に、

どれぐらい練習してきたのか?
何を重視して練習きたのか?
どれぐらい筋力があるのか?
モチベーションはどれぐらいの温度なのか?
もしくは、どれぐらい練習を今後取り組めるのか?

によって、迷子になる前のところに戻すのか?目的地があるときは、目的地までナビゲートするのか?を決めなくてはいけないと考えています。


 もともと、自分に合わない目標、目的地だった人には、一度元の良かった時に戻して、安心させてから、一緒に、どこまでの目的地までいけるのかを相談して、その目的地までの地図を探すのです。


 どれだけ努力しても、目的地というものは果てしなく長く、ゴルフの道は続いています。果てしないからこそ、どこの場所が居心地がいいのか?を人とは関係なく自分にあったを見つけなくてはいけません。その落ち着く場所を、道先案内人として、私はコーチとして全ての要素を見抜いて上手にナビゲートしなくてはいけないと考えています。


 プロゴルファーでも、プロゴルファーになったあとに、どこまでの成績を出していくのか?どこで引退するのか?は1人1人違います。プロゴルファーとして引退したあとでも、ゴルフの道は続くので、レベルを落として楽しんだり、健康のために続ける訳です。


  悩みの一例として、
 飛距離が出ていて楽しめていたのに、自分に合わない練習を我慢して続けていたら、なにをしても飛ばなくなってしまう。これは、スイングの連動性や、リズムが無くなってしまっているのに、速く振ることが怖くなってしまうジレンマに陥るからです。

 飛距離が出せるけど、コントロールが全くできない。どれだけ練習しても、、安定しない。これは、スイングの仕組みを見失ってしまっているのに、軽く振れなくなってしまって、なぜ安定しないのかを練習でスイングを観察できなくなってしまうからです。速く振って、スイングを観察することはできません。

 スイングはそこそこなのに、アプローチが寄せゴルフきれない。試せば試すほど、どんどん、どつぼにはまる。色々なことが混ざってしまって、簡単な所から、簡単に寄せられなくなってしまう。上級者に多い症状です。パターにもいえることで、プロゴルファーでも、アプローチ、パターがおかしくなって引退に追い込まれる人は、たくさんいます。




 ゴルフに悩んでいないけど、楽しくなくなってしまう。これは、上達が止まってしまうからなのですが、これが厄介です。ある程度は、満足してしまっているので、新しい目的地を探そうとしても、モチベーションが低く、活力が無くなってしまっているので、練習がめんどくさい、コースもお付き合いでないと行きたくないとなるのです。皆さんも、ゴルフ以外のスポーツを楽しんできた人は分かるはずです。スポーツをしてこなかった人は別のことでも構いません。一生懸命やってきたのに、パタッと止めてしまう。なぜ趣味として続けられないのでしょうか?それと同じことが、ゴルフでおこるのです。やる気をおこすために、あれやこれやとゴルフの魅力や、楽しみ方を、新しく作ってあげなくてはいけないので、この問題は、コーチとしての力量と経験が問われる問題です。


  ゴルフの上達が止まってしまったり、楽しめなくなってしまうということが起こらないようにするというのは、とても難しいことですね。


 自分の練習量、自分の体力、自分のモチベーション、そして自分のゴルフの環境。それに見合ったことを、的確に理解して、無理なく上達するのには?どうすればいいのでしょうか?


 私の仕事は、それを見抜いてナビゲートする仕事です。




 あなたが、勉強を人に教える。あなたが、仕事を人に教える。あなたが、スポーツを人に教える。どれぐらいの温度で、どれぐらいのペースでやるのか?理解できる範囲で教えていく、、

 その時に、教わる人のやる気、復習、予習する量によって、教えかたを変化させる、、  


  それを、自分にあてはめて、自分にあった温度で、ペースで練習していく。


 

  本当に今練習していることが、自分にあってあるのか?今一度、よく鑑みてください。道に迷ったら、元に戻ることも大切です。戻れなくなったのなら、勇気を出して、ゴルフの地図をもっているナビゲーターのところへレスキュー要請をしてくださいね。

 

 


  


 


  
2019年11月27日 14:12

スイングのアドレス(構え)の重要性 part7

rickyfowler24-e1552968818295
 ゴルフでのアドレスの重要性を皆さん理解できましたか?本当にスイングをかっこよく、美しくするためには、スイングアドレスから考えないと、なにもスイングは変化しません。


 上級者、プロゴルファーになると、球筋がフェード、ドロー、ストレートなのか?そのなかでも低弾道、中弾道、高弾道のどの球筋を打つのか?によっても、アドレスの調整は変わります。

 また、身長と手の長さとアドレスの前傾姿勢の角度に合わせてゴルフクラブのライ角を合わせなくては、打った球が左右に1ヤードから10ヤードぶれてしまう要素もあります。

 この話を入れてしまうと、もっと長い話しになってしまうので、別の機会にお話しすることにしますが、スイングで悩んでいる人は、少しは打ちたい打筋や、使用しているクラブの性質を理解しなくては、スイングの悩みはほとんど解決しません。レッスンに来ていただけたら、こういう話は、自然とレッスンのなかでお話ししていくことなので、興味がある人はレッスンに来ていただけたら、納得できると思います。


 スイング動画は、あまり撮りすぎないほうがいいのですが、(撮っても、正しい分析ができなくては、変わらないスイングにうんざりして、練習する意欲がなくなるからです。)もし、スイングを撮るなら、スイングの前に、スイングアドレスが正しくならなければ、スイングが綺麗になる可能性は少しもないことを理解して撮ってください。「あなたのアドレスが、あなたのスイングを作るのです。タイガーウッズのアドレスからあなたのスイングにはなりません。」


  「何事も最初が大切」ということは、人生のなかで実感してたはずです。

 ゴルフをこれから始める人も、長年楽しんできた人も、本当に自分にあったアドレスを、勇気を出してレッスンしてもらうことができたなら、最高の結果を期待できるということを肝に命じてください。

 プロを目指す若者や、プロゴルファーのレッスンをするうえで、絶妙なアドレスを見いだすことが本当に大切だと、私は常々思っています。マキロイや、リッキーが日本人の平均身長とそこまで変わらないのに、なぜ、、日本人プロゴルファーのなかに、迫力のあるスイングをする人がすくないのか?それは、日本人プロゴルファーもアドレスとグリップからしっかり考え直さなくてはいけないのに、結局は中途半端なアドレスのまま、スイングで悩んでしまっているからです。

 
 最後にまとめのお話しになります。

  誰にでも正しいスイングアドレスを教えることはできるわけではありません。

 ゴルフのレベル、体格、男女の違い、打ちたい球筋を踏まえて、その人にあったアドレスを見いだせるのは、とても経験が必要です。


 皆さんがレッスンを受ける時には、レッスンをする人がどのような経験を積んでいて、どのようなコンセプトをもっているのか?をしっかりと見極めて、レッスンを受ける人にも、レッスンをしてもらう人を選ぶことについては、とても慎重にならなくてはいけないということを忘れないですください。

 もし、自分でアドレスを作り込んでいくという場合は、絶対にこうだ!と決めつけてしまうことも、とても危険です。慎重に自分にあったアドレスを探す、、プロゴルファーでもアドレスで悩むものなのです。


 私が、ブログを書き続ける意味の1つとして、レッスンを受けたいのか?をレッスンに来ていただく前に選んでもらうためでもあるのです。

 スイングアドレスについては、厳しいお話になってしまいましたが、言っても、言っても言い足りないテーマということです。

  
 ゴルフというのは本当に奥が深いですね。難しすぎるからこそ、たくさんの人が魅了させるのかもしれない、、、と言えるのかもしれませんね。
2019年11月25日 21:48

スイングのアドレス(構え)の重要性 part6

-e1524846553794
 スイングのアドレスを鏡や、窓ガラスに映る姿を見て自分なりに格好いいアドレスを作ってみてください、、、。

 どうでしょうか?


  なんか、、、微妙に思う通りにならない人が多いと思います。上級者や、プロゴルファーでも鏡を見ながらでは作れるけど、ボールを打つ時にアドレスがおかしくなってしまう人もいるかと思います。


 その理由がグリップからくるものだということに、気がついている人はほとんどいません。

 アドレスした時に、グリップの位置が高い、低い、ボールから近い、遠い、、、。

  グリップを指先で握る、手のひらで握る、フックグリップで握る、ウィークグリップで握る。これによってグリップの位置が決まるのですが、このグリップがアドレスにどう影響するのかを、深く理解してからでないと、思った通りにアドレスを決めることはできないのです。

 実は、このグリップとアドレスの関係性は、、本当に奥が深く、コーチとしてのセンスが問われるほどのテーマなのです。

 これほどまでに大切なのに、、私は初心者以外で急にグリップを治すことはありません。なぜなら、その人のスイングとアドレスとグリップが、ガッチリと噛み合ってしまっているので、急にグリップを治すと打てなくなるからです。

 グリップを治すと、アドレスが変わって、アドレスが変わると、スイングが変わる、、。グリップからしっかり!!治すんだ!と思っても、アドレスにどう影響して、スイングにどう影響するのかを考えながら修正しなくてはいけません。

  なので、私のレッスンを受けていただいているかたは、少しずつ気がつかないうちに、グリップとアドレスとスイングを変えているということを、レッスンを受けているなかで理解することになります。

 超スパルタレッスンとして、グリップとアドレスを完璧にしてレッスンをしたとすると、初めは全く打てなくなります。たとえ打てなくても練習を続けられる人はいいのですが、ほとんどの人がやる気が無くなってしまいます。その人の筋力や柔軟性、体格、普段の姿勢、、ある程度は妥協して、少しずつ治していくのがグリップとアドレスなのです。

   もちろん、理想のグリップとアドレスは質問されたら、レッスンはしますが、ボールを打つときには、ある程度自分のアドレスの癖に戻ってしまうのです。そういうことを、計算してレッスンしていくということは、本当にデリケートですね。


  日本のプロゴルファーでさえ、アドレスとグリップから一流選手とは違っていて、そこをフォーカスする意識の選手が少ないのはとてもコーチとして残念に思っています。


 一流選手の様々なグリップとアドレスを記憶することも、ゴルフコーチとしては必須と私は考えているので、今でも日々勉強の毎日です。もっといいレッスンができるようになるためにも、もっとグリップとアドレスの奥の深さを知る必要があります。


 次回は、残りのテーマをさらっと踏まえてアドレスのテーマの最終章となります。

 簡単にアドレスの話をブログで書こうと思っていたのに、簡単でもここまで長い話になってしまいました。

 ゴルフというものは、、ほんとうに難しいですね。

ーー続くーー
2019年11月19日 16:29

スイングのアドレス(構え)の重要性 part5

20150103_76105
  いざ、ゴルフスイングのアドレスを修正しようとすると、思った通りに、なかなか修正できません。その理由にグリップが原因の場合があります。


 ある程度同じ様にアドレスをしようとすると、自分なりに安定して構えられるようになるのですが、「どこか、微妙におかしい?!」と思っても、具体的にどこが微妙なのか分からない。

 たくさんゴルフの練習をしてきた人は、きっと微妙なアドレスの修正ができなくてお手上げの人も多いのではないでしょうか?


 私は、コーチとして日本人のプロゴルファーも、海外の一流選手と比べてアドレスが不完全なのではないか?とも考えています。
  もちろん、現役プロゴルファーも、まだまだ上手になりたくてスイングの研究をしているわけですが、一流選手のアドレスを取り入れようとしても、グリップを深く理解しなくては、一流選手のアドレスのいいところを学べません。


 アドレスした瞬間に、目標にボールが正確に運ばれるように見えるアドレス。その秘密に、グリップが関係しているということを、プロゴルファーでも再確認する必要があるといえるのです。


ーーつづくーー
2019年11月13日 15:28

スイングのアドレス(構え)の重要性 part4

7407a5b1
 前回のスイングのアドレスの重要性part3の捕捉として、どうしても確認しておかなくてはいけないことがあります。

プロゴルファーでも、アマチュアで上達するなかでも、本当にいいアドレスを作ることの意味を極限まで追究しなくては、本当のナイスショットを毎回打つことができる訳がありません。

ルーティンをふんで、毎回同じアドレスをしなくてはいけないことは説明しましたが、上級者はより精密に同じアドレスを作らなくてはいけないのです。私がレッスンを毎日こなしているなかで、少しのミスが、少しのアドレスの誤差、ボールの位置の誤差からくることも多いことは、現実として本当の話なのです。


 練習をしている時にミスショットをしたのに、続けて間髪いれずに、ミスを乱発していませんか?ミスをしたのなら、頭のなかでスイングだけでなく、アドレスが崩れていないか?も疑いながら練習しなくてはいけません。同じミスをなにも考えずに出し続けることなんて、ミスを固めているようなものです。

   私は、私がプライベートで練習している時に、間違ったアドレスで練習するぐらいなら、練習はしないほうがいいぐらいだと思っています。たくさんボールを打つよりも、同じアドレスをしているのか?を精密にチェックしながらのほうが本番コースでは生きていくことを、深く長年の経験から知っているのです。

 もちろん、時には連発で休みなく打つドリルもあるので状況にもよりますが、、、

   ルーティンをふんで同じアドレスをしたとしても、あとの数ミリも調整する気持ちが上級者には必要です。

   体格、柔軟性にもよりますが、自分と似たプロゴルファーのアドレスを鏡を見て真似してみるのもよいことでしょう。このテーマの続きのグリップや、打ちたい球筋も関係するので一概には言えませんが、プロゴルファーのアドレスを真似しようとしても、数ミリのニュアンスの違いで真似することが、かなり困難なことが、アドレスの奥の深さを物語っています。

 アドレスするときに、骨盤と股関節の角度を意識して同じようにアドレスすること。その時に、クラブヘッドとスタンスの距離を1ミリも変わらないように訓練すること。もちろん、元のイメージが間違っていては駄目です。
 なので、一流選手は、この自分にあったアドレスを見抜いてくれるコーチを、探し求めているのです。一人で練習していても、アドレスが数ミリ変わってしまっては、スイングで悩む前の話しということが、プロゴルファーとして知っているからです。


 タイガーウッズのアドレスから、マキロイのスイングにはなりません。

 マキロイのアドレスから、タイガーウッズのスイングにはならないのは、当たり前ですね。

 あなたのアドレスが、あなたのスイングを作るのです。

 あなたのアドレスから、憧れるプロゴルファーのスイングにしようとも、アドレスを改善しなくては、近づくことはできないことを、スイングで悩む前に、しっかりと理解しなくていけないのです。

  ミスに対して、怒り、憂いの感情を抱いて、感情のおもむくままに、機械的に打つことは、練習ではありません。そんなことをしているのは、子供がすねてしまっていることと同じだということを戒めなければいけません。

 「こうなったら、こうなるから、ここを我慢する。」

 感情的になるということは、こうしたら、ここに落ち着くということが、読めていないということです。感情的になってしまう人は、先の心の落ち所を考えられていないのですね。

スイングで悩む前に、アドレスから!が冷静な判断です。

 見出しのタイガーウッズの写真。若い頃と、ベテランになった時のアドレスの比較です。コーチによっても、年齢によってもニュアンスが違うことがみてとれます。どこがどう違うのか?分かりますか?

 ーーつづくーー
 
2019年11月05日 15:46

スイングのアドレス(構え)の重要性 part3

2017061519130445664
 同じアドレスをするためのポイントとして、

①アドレスにはいる前に、毎回同じルーティン(所作)を決めること。

②同じグリップの握り方をすること。

③打てる、打てないに関わらず、どのような球筋を打ちたいのかを自分なりに決めること。

④自分の体格にあったゴルフクラブを選ぶこと。(シャフトの長さ、ライ角があっていること。)

が、大切なことでした。これを順番に説明していきたいと思います。少し長い説明ですが、頑張って読んでみてください。

 上記①の、同じルーティンでアドレスをしなくてはいけない理由とは、ルーティンを守らなくては足のスタンスとボールの距離が一定にならないからです。よく考えてみると、アドレスするときに前傾姿勢の角度や、膝の曲げる角度や、右肘の曲げる角度、右肘の前後の位置が同じでないと、スタンスとボールとの位置は変わってしまいます。

 練習していて、ふと思いもよらないミスをしてしまう時に、スタンスとボールの位置が数センチ変わることによってミスが起こってしまうことが、ミスの本当の理由なことが多いのです。

 アドレスとボールの位置を治せば済むことなのに、スイングがどうのこうのと修正してしまうと、ミスの理由が分からなくなり、複雑になってしまいます。


 では、早速、簡単にルーティンを説明します。(面倒くさがらずしっかりと、読んでくださいね!スイングは本当に難しいので、せめてアドレスはしっかりと!です。)

*ボールを打つ前に、ボールから少し離れる。

*クラブを持った状態で直立した姿勢で、両腕を上から下ろして、胸の上に腕が乗るように構える。
 その際にまだ、直立した姿勢を保つ。腕が胸に乗っている状態でより、肘と肘を寄せるように締めると理想的です。
  クラブが水平になるように構えて、毎回クラブと腕の角度が135度を目安に同じになるようにする。また、右肘の曲げる角度もこの状態のときに、意識して同じにしておかないと、前傾姿勢をしようとするときに、前傾姿勢が安定しなくなります。

 ここまでがアドレスで前傾姿勢をする前のルーティンです。ここまでしないと、同じアドレスはできません。何度も何度も同じアドレスができるように訓練しないとプロゴルファーでもスランプになってしまうのです。次に、前傾姿勢をする時のルーティンを説明します。

*直立した状態ですべきことを確認したら、首筋が背骨と直線になるように気をつけて、膝を軽く曲げ、お尻を後ろに空き出すように、股関節から前傾をします。
  プロゴルファーでも様々なアドレスをしますが、体型も関係するので、自分の体型にそっくりなプロゴルファーのアドレスを参考にしてみるのもよいでしょう。鏡を使って、プロゴルファーのアドレスそっくりに真似してみると膝の角度、股関節の角度がある程度理解できます。
  ベテランの人は、かえって膝と股関節の角度が曲げ過ぎている人も多いので、よく理解してチェックしてください。

*アドレスが完成したら、前傾したまま腕と胸を締めたまま、左右対象に回してみます。その際に回しやすければ、正しいアドレスと言えます。脇を閉めても、回転しやすいアドレスでなければ手打ちのスイングなってしまいます。
  脇を締めると、打ちにくいという人は、アドレスがずれてしまっていることになります。

*最後にアドレスが少しも変わらないように、そーっとスタンスとクラブヘッドの距離が変わらないように、ボールのところへクラブのヘッドを合わせます。
  クラブのヘッドを合わせる時に、数ミリでも最初に作った、スタンスとヘッドの距離が変わっては、毎回同じアドレスをすることはできません。 
  この、ヘッドをボールに合わせる時に、雑になってしまうと全て「水の泡」になってしまいます。

 以上が、アドレスを毎回同じにするための最低限のルーティンとなります。簡単なことですがしっかりとルーティンを守らないとすぐにアドレスが崩れてしまいます。上級者になると、もっとチェックポイントができますが、ある程度楽しむためには、ここまでのルーティンで大丈夫です。

 アドレスのルーティンを確認しないで、連続でボールを間髪いれずに打ってしまう人は、本当の練習をしているとはいえません。

 ただ、ボールを打つだけでは上達はしないのです。

 次のブログで、上級者のためにアドレスのルーティンの捕捉をします。難しいテーマですが、スイングで悩む前にすることがあるということを、しっかりと理解しなくてはいけません。ほとんどアマチュアが綺麗なアドレスができていないのは、何故なのでしょうか?少しでも雑にアドレスをすると、アドレスはすぐに錆び付いてしまうのです。

ーーつづくーー

 
 
2019年10月29日 15:44

日本プロゴルフ協会公認 吉田ゴルフスクール

ご予約はお問い合わせホームから

春日井王子ガーデン・東海地区校

奥の深いゴルフのはなし

モバイルサイト

吉田ゴルフスクールスマホサイトQRコード

吉田ゴルフスクールモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!